2月レッスン・身体が喜ぶ発酵食品の恵み!終了

 

発酵食品と聞いて納豆やヨーグルトを 思い浮かべる人が多いと思います。
もちろん、 そのまま食べても 美味しくて身体に良いのですが、
“ちょっとひと手間加えるだけで”素敵な料理に早変わり!

2月のレッスンは、これが発酵食品?と驚くようなレシピも…
発酵食品レシピを毎日の献立に取り入れてみました。

時間に委ねられた発酵の旨み

上記の写真「しょっつる」とは 魚を塩漬けにして作る発酵調味。 秋田県の魚 ハタハタで作られる
しょっつるは、 日本三大魚醬として知られているんですよ。 今回は「しょっつる」
のレシピもご紹介させていただきました。

しょっつるの魅力は、 代替え原料を一切使用せず、 魚のハタハタと 塩のみで発酵させ、 3年間の長期熟成を経て作られるもの。
ドレッシング、 料理の出汁に、パスタ、焼き魚、 塩むすびの塩代わりにするのもおすすめ。 家庭に一本あるととても重宝します。

炊飯器で作る甘酒作りも作りました。
甘酒作りには何通りもの作り方があります。水分と麹の量が同量(例えば、麴200gに60度の湯が200cc)
で作ると素が作れますが、濃いので希釈して飲もことをお勧めします(*^-^*)
私は、ヨーグルトに甘酒を添えて食べるのが好みです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です