熱中症対策に!

毎日暑い日が続いていますが。(>_<)
お盆が過ぎ、朝、晩の吹く風がなんとなく秋めいてきましたね。

と言っても、やはり暑いのでエアコンにお世話になっています。

今日は
熱中症対策・夏バテ解消のレシピです。

「きゅうりのごま冷汁」

ごまの香りと薬味をきかせ冷たくして飲む味噌汁です。
加熱しないので、味噌の酵素が生きています。
きゅうりの効能【性質は涼】
・豊富な水分でカラダを潤して、体内の余分な熱をとりほてりをしずめ、喉の渇きをいやしてくれます(*^-^*)
・熱中症対策&夏バテ解消に。
・浮腫みの改善にも有効ですよ。

味噌の効能【性質は涼】
・水分代謝を高め、浮腫み改善。
・余分な熱を取り除きます。

私は普段からキンキンにして冷たい飲み物は飲みませんが、
ご紹介する【性質きゅうりのごま冷汁」も冷蔵庫で短時間冷やすだけで美味しいですよ。

 

【材料】 4人分
きゅうり(斜め薄切り)  1本
白すりごま        大さじ2
味噌           大さじ2
昆布だし         500ミリ
薬味           適量
(小ねぎの小口切り・ミョウガの千切り・青紫蘇の千切りなど)
白いりごま        適量

【作り方】
①鍋に昆布だしを入れ、65度のお湯に沸かし保温状態で、味噌を入れ溶かす。
② ①に白すりごまを入れる。
③②を器に入れて、きゅうりを加え薬味も加え、白いりごまを散らす。
④冷蔵庫で1時間ほど冷やす。

涼し気なお味噌汁。お盆中に何度か作り好評でした(*^-^*)
熱中症対策&夏バテ解消にぜひ食べてみてくださいね。

 ☆9月レッスン案内⇒

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です