「夏の冷え」撃退法

郡山市 料理教室〜毎日の食事で体の中からきれいに、健康に。薬膳life〜

薬膳は、食べることだけではないなぁと
思っています。
背景に、中医学があるからなんです。
「夏冷え」撃退法!
・なんとなくだるい
・食欲がでない
・気力がでない
・風邪をひきやすい
・頭痛
日々の暑さや湿気で、身体が疲れていませんか?
「夏の冷え」が原因と思われます。
電車やオフィスでのエアコン。暑くて
冷たい飲み物や食べ物が多くなります。
実はこれ「自律神経」を乱して「夏疲れ」に繫がってしまいます。
暑さや湿気などに身体がついていけず、自律神経が乱れます。
さらに、冷たい物ばかり口にしていると
倦怠感等、体調に不調が出てきてしまい
ます!
私もサンダルを履くと、足から冷えを感じます。
そこで足湯・湯たんぽのご紹介です☆彡

足湯→必ず、くるぶし以上より上までお湯 を入れて足を温めます。お湯が冷めてきたら、ポットに先に準備しておいたお湯を足し、また足を温めます。

 1回、10分〜15分やるだけでも温まります🎵

湯たんぽ→ゴム製の湯たんぽです。

 私の使用物で10年以上前の物で古いですが。 ドイツ製のもの!
 通販でも売っていると思うのですが‥‥
ゴム製のため、どこに触れても痛くありません。太ももの上。寝る時には、お腹の上などに置いてみてください。
夜もエアコンをかけないと寝苦しい夜も
ありますが、湯たんぽをすると体が冷え ている方は、心も落ち着き体も温まりま す(^^)
足湯、湯タンポをお勧めした方から「熱かったですけど。ぐっすり眠れました」と聞いております。若い女性の方にも、ぜひお勧めしたいです。
厳しい暑さと冷房による冷えには、カレーで☆彡
スパイスで作ったカレーは、市販のルーとは異なるオリジナルの味わいカレーになります。
ナンを全粒粉で作りました。モチモチ食感です🎵
 季節の薬膳では、季節ごとの食材・体の対応の方法・体質の薬膳では、食材・対応方法など簡単に中医学を学んでいただけます🎵添加物を極力抑えながら、食材そのものの味わいを感じてほしいと思っています。
 7月のレッスンご案内です☆彡

 

 

 薬膳についてのホームページはこちら   ↑ クスパというサイトで料理教室を開催しております。 こちらから予約可能なのでお気軽にお越しくださいませ!

↑本格的な台湾式足つぼサロンも開催しております。                        

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です